スタッフブログ blog

スタッフブログ blog

ブログ記事一覧

blog_img 2018/11/13 挙式スタイルについて

皆様こんにちは(*´∀`*)ノ

この頃、気温差が激しく

体調を崩しやすい時期ですが、

如何お過ごしでしょうか??

 

 

以前にも記事を書かせていただいたのですが、

皆様は、結婚式と聞いて

どのようなことを想像されますか?

 

たとえば、

ドレスや白無垢を着て

旦那様と誓いの詞を宣言したり

バージンロードをお父様と一緒に歩くなど

いろんな想像をされるかと思います。

 

本日は、

どのような結婚式の挙式スタイルがあるのか

改めてご紹介を致しますので、

ご参考にしていただけたら幸いでございます

 

まず、挙式スタイルは

大きく分けて3ございます。

 

1つ目は神前式についてです。

神殿にて行われる

日本古来の伝統的な挙式スタイルです。

ふたりの親族同士が結びつくという考え方にのっとり、

親族のみでの挙式になります。

「三々九度の盃(さんさんくどのはい)」

(盃を重ねることによって「家と家」の固い絆を結ぶ)を交わし、

「玉串拝礼 (たまぐしはいれい)」

(玉串にふたりの心を乗せて神に捧げる)」などの

儀式を通して、神様にふたりの結婚を報告します!

 

 

2つ目は

チャペル式(教会式とも言われます)についてです。

キリスト教のしきたりにのっとって

チャペルで行われる挙式スタイルです。

親族のみならず、友人や知人など多くのゲストに

出席してもらえるのも人気のポイントです♪

ホテルやウェディング専門式場に

併設したチャペルであれば

キリスト教信者でなくても

挙式をすることが可能です!

 

3つ目は人前式についてです。

結婚の誓いを神仏に対して行う代わりに

ゲスト全員に結婚の証人となってもらうスタイルの結婚式です!

そのため、宗教や格式を気にする必要がないので

式をする場所や進行、演出など

自由に決めることができます♪

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

出雲縁結びネットでは、

これからご婚儀をお考えの方や、

既にご予約をされている方、

皆様の不安なお気持ちが少しでもなくなりますよう

精一杯サポートさせていただいておりますので、

何かございましたら、お気軽にご連絡くださいませ

 

 

本日も最後まで読んでくださり

誠にありがとうございましたm(__)m

blog_img 2018/11/12 いい皮膚の日♡

みなさんこんにちは(^^)/

少しずつ寒くなってきましたが

如何お過ごしでしょうか??

 

さて、本日は1112日は、

日本臨床皮膚科医会が

11(いい)月12(ひふ)日と

語呂合わせから

 「皮膚の日」 をつくられたそうです!

 

 

皮膚の健康と皮膚疾患についての

正しい知識の普及、皮膚科の専門医療に

対する理解を深めてもらうための

記念日だそうです!

 

ちょうど秋冬の乾燥肌

悩まされはじめるのが

11月頃なので、皮膚のことを考えるには

いい時期なのではないでしょうか?

 

そこで、本日は肌のお手入れで

気をつけていただきたい

ポイントを3

お伝えしたいと思います♪

 

1つ目

清潔な手でお手入れをする

スキンケアの前には手を洗い、

清潔な手で肌に

触れるようにすると良いです♪

 

 

2つ目

コットン使いには摩擦に注意!

コットンで化粧水をつけるのは

ムラづきを防げていいですが

摩擦ダメージを与えないように

注意が必要です!

つい力が入ってしまう方は

素手で丁寧につけるように

すると良いそうですよ!

 

 

3つ目

スポンジやブラシをこまめに洗う

正しくスキンケアをしていても

メイクに使うスポンジやブラシが汚れと

雑菌まみれでは美肌にはなれません。

少なくとも、週に1度は

メイク道具を洗うように

すると良いらしいです♪

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

肌トラブルで悩まれている方は、

是非試してみてくださいね♡♡

 

それでは、本日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました()

blog_img 2018/11/03 出雲大祭について♡

皆様こんにちは!

肌寒い時期が来ましたが、如何お過ごしでしょうか?

 

 

全国的に11の旧暦は

「神無月(かんなづき)」と言いますよね。

ですが、島根は出雲大社へ全国の神様が集まるという事で

「神在月(かみありづき)」と言われています!!

 

 

皆様は、出雲大社へ全国の神様が集まり

何をされているのかご存知ですか??

 

 

それは、大国主大神様がお鎮まりになられる出雲大社へ

1年に1度、全国の神々が出雲大社へ集まり

さまざまな「縁結(えんむすび)」の話し合いをされます。

この「縁結(えんむすび)」とは男女の縁はもちろんですが、

人と人、人や物などのあらゆるつながりである

「むすび」の話し合いをしているそうですよ!

 

 

その「神在月(かみありづき)」である今、

皆様の「幸縁(こうえん)」の御霊力を戴く

「縁結大祭(えんむすびたいさい)」という神事がございますので

ご紹介させていただきますね!

 

 

【日程】

1122日・2410時から(定員:2000名様)

112310時から(定員:1700名様)(臨時日程)

 

【祭場】

出雲大社御本殿

※幸縁むすび祈祷料:5000円(当日納めていただきます。)

 

【申込み期限】

1110日(土)までのところで、お申し込みください。

定員になり次第締め切られます

申込みが必要となりますので、詳細につきましては、

出雲大社様のホームページをご確認いただきます様お願い致します。

 

 

 

申込みの期日までまだお日にちがございますので

ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

 

 

素敵なご縁がありますよう

心よりお祈り申し上げます☆彡

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)

 

blog_img 2018/11/02 冬支度の豆知識♡

皆様(o´ノωノ`o)こんにち…ヽ(o´・∀・`o)ノわぁ♪

お久しぶりでございます。

 

季節は11月・・・

そろそろ寒くなってきましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

 

寒くなれば「こたつにミカン」が鉄板となっていますが、

そのこたつ・・・

実は、出す日が決まっていたんです。

 

といいますのも、電気炬燵がない時代の熱源は木炭・炭団

(炭の粉末とつなぎとなる素材を混ぜ合わせて団子状にし、感想させたもの)

だったそうで、火事や一酸化炭素中毒の危険が多くあったそうです。

 

そこで、イノシシは摩利支天(まりしてん)・仏教の守護神・炎の神)の神使と

言われていたので、イノシシは火を免れる(火災が起こらない)と考えられていた為、

 

「亥の月・亥の日」『炬燵開きの日』と、決まったそうですよ!

亥の月とは、旧暦では10月の事ですが、新暦が採用されて以降は、

一ヶ月遅らせた11月最初の亥の日になります。

 

ただ、武家では「最初の亥の月・亥の日」、

一般庶民には「二番目の亥の月・亥の日」が出したと言われています。

 

 

今では、そんな区別はございませんので、

どちらでも問題ないそうです(´ゝ∀・`)ノシ

 

ちなみに、2018年の亥の月・亥の日、

最初の日は『11月3日(土)』です!

二番目は『11月15日(木)』です!

 

もし炬燵を出す予定のある方は、

この日に合わせられてみてはいかがでしょうか?

 

以上、冬支度に関した豆知識でした♡♡

 

どうか、風邪など引かれませんよう、お気を付けてお過ごしくださいませ♪

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました(゚ω゚)

ページトップへ